株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

業務内容

その他構造物点検・調査

点検・調査概要

擁壁、建築構造物等の老朽化診断に各種手法を用いてご対応致します。建築構造物については平成20年4月1日施行の建築基準法関連の改定により、外壁のタイル等の劣化及び損傷を調査する手法として、熱赤外線調査が広く知られるようになりました。弊社はこれまで培ってきた知識・経験をもとに解析・評価を行います。

点検・調査手法

  • 目視点検、打音検査による変状図作成
  • 配筋調査、コア試験、リバウンドハンマー試験、ドリル法による中性化深さ試験
  • 熱赤外線調査による建築構造物外壁診断

調査例

目視点検・調査、打音検査

写真は擁壁の近接目視と打音検査状況です。異常範囲を特定し、スケッチ図と写真をもとに変状図を作成します。

維持管理のための詳細調査

既存構造物の維持管理について詳細調査を行います。写真は構造計算に必要な配筋調査状況です。

熱赤外線調査

近接目視点検・調査が困難な高層マンションの外壁は赤外線調査を行います。

成果例

外壁の赤外線調査(可視画像)

近接目視点検・調査が困難な高層マンションの外壁は赤外線調査を行います。写真はマンションの可視画像です。

外壁の赤外線調査(熱画像)

左の写真の赤外線調査結果です。熱画像から異常箇所は確認されませんでした。

PAGE TOP

ページの先頭へ