株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

配筋調査

概要

電磁波レーダ法、電磁誘導法、自然電位法、はつり法等により配筋調査を行います。

適用

コンクリート構造物の配筋位置、かぶり厚さ、径および鉄筋腐食調査

配筋調査 各手法例

電磁波レーダ法

電磁波を表面から内部に向けて送信し、その反射信号を受信することにより、配筋位置・かぶり厚さ測定を行います。

電磁誘導法

コイルに交流電流を流すことによる磁界が鉄筋により変化する現象を用いて配筋位置・かぶり厚さ測定・鉄筋径の推定が可能です。

自然電位法

鉄筋が腐食することによって変化する電位を測定し、鉄筋腐食状態を推定する電気化学的方法です。

はつり法

各種非破壊検査により推定される配筋位置・かぶり厚さ・鉄筋径・腐食状態を可視確認します。

配筋調査例

電磁誘導法により、鉄筋径を推定している状況です。

自然電位法により、鉄筋腐食状態を推定している状況です。

電動ピックにより、鉄筋をはつり出している状況です。

PAGE TOP

ページの先頭へ