株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

コアボーリング・コア試験

概要

コンクリート構造物にコアマシン・コアビットを設置して削孔を行い、採取されたコア試料から各種試験を行います。
また、空洞の可視確認調査にも用います。

適用

コンクリートの圧縮強度など各種試験
トンネル覆工背面など空洞調査

コンクリートの各種試験

圧縮強度試験 コンクリート構造物の劣化に関連した物理特性の変化は圧縮強度に深く関連しており、コンクリート構造物を診断する上で強度を把握することは極めて重要です。
静弾性係数試験 コンクリートの静弾性係数は,圧縮強度および気乾単位容積質量と密接な関係があり,コンクリート構造物の部材剛性算出・温度応力解析検討などに用いられます。
中性化深さ試験 コンクリートの中性化進行により、内在する鉄筋の皮膜消失・発錆,かぶりコンクリートのひび割れ・はく離・はく落といった問題が生じるため、劣化予測の観点から試験は重要です。
塩化物イオン試験 コンクリート中に含まれる塩化物イオンにより鉄筋の発錆・腐食促進が懸念されるため、コンクリートの塩害の劣化予測に対し、塩化物イオン含有量を把握することは重要です。
残存膨張量試験 骨材はコンクリート中のアルカリ水溶液と反応して膨張およびそれに伴う劣化を発生させ、アルカリ骨材反応と呼ばれています。今後どの程度膨張するかを予測できます。
配合推定試験 コンクリートコアを所定の粒度まで粉砕し、それを分析試料として化学的な手法によって配合(セメント量・骨材量・結合水量)を推定する試験です。

コアボーリング・コア試験例

採取されたコア写真です。コンクリートと背面岩盤(泥岩・砂岩互層)状況です。

コア試験場におけるコアの膨張率測定状況です。

古いトンネルにおけるコアボーリング孔の様子です。(覆工コンクリート→レンガ→背面空洞)

PAGE TOP

ページの先頭へ