株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

リバウンドハンマー試験

概要

コンクリートの表面をリバウンドハンマーによって打撃し、その反発度から圧縮強度を求める方法で「反発度法」といいます。

適用

土木構造物、建築構造物のコンクリートの圧縮強度の推定

反発度法の原理

反発度法の原理
  • リバウンドハンマーにより一定のエネルギーでコンクリート表面を打撃したときに、リバウンドハンマーの跳返り高さ(反発度)とコンクリートの硬さ及びコンクリートの強度には相関があることを利用し、圧縮強度を推定します。
  • 左の図のようにリバンウンドハンマーの先端部の最大変形量は、コンクリートの局部的な弾性変形量と塑性変形量の和で表わされます。打撃後に弾性変形が回復すると先端部が押し戻されますが、塑性変形はくぼみとして残ります。このくぼみが小さいほど反発度が高くなります。

リバウンドハンマー試験例

リバウンドハンマー試験例
  • 左の表は、JIS A 1155『コンクリートの反発度の測定方法』に準拠し、デジシュミットハンマーで測定した結果です。
  • 測定の際は測定精度が上がるよう細心の注意を払いますが、反発度法はコンクリート表面の乾湿、粗度を始め、使用骨材、骨材寸法、配合、施工、環境条件など多くの影響を受けるため、できるだけコア採取して実強度との比較等を行う(できない場合は他の方法を併用)ことを推奨します。
PAGE TOP

ページの先頭へ