株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

簡易貫入試験

概要

正式には『簡易動的コーン貫入試験』といい、簡易動的コーン貫入試験機を用いて原位置における地盤の貫入抵抗を求め、簡易な支持力判定に用います。

適用

自然斜面、盛土法面、切土法面表層部、小規模建築物基礎地盤など地盤表層部(貫入抵抗の大きい硬質粘性土や砂礫地盤などは不可)

簡易貫入試験方法(JGS1433より抜粋)

簡易貫入試験方法

試験実施前に、試験装置に不具合がないことを確認し、ロッドの先端にコーンを取り付け、上部にアンビル、ガイド用ロッド及びハンマーを取り付ける。

ハンマーが自由落下するように、試験機を調査地点上に鉛直に保持する。ハンマーをアンビルの上にのせ、試験機を鉛直に保持した状態で、ロッドが地中に自重沈下するかを確かめ、自重で貫入する場合は、貫入が止まった時の貫入長さを記録する。

ハンマーを500±10mmの高さから自由落下させ、100mm貫入させるのに要する打撃回数をNd値として記録する。
(※10回の打撃による貫入量が20mm未満の場合は試験を中止する。)

ロッドの上部が地表面近くに達したら、一旦アンビル、ガイド用ロッド及びハンマーを取り外し、新たなロッドを継ぎ足した後、試験を継続する。
(※貫入長さが大きくなると、ロッドの周面摩擦が大きくなるので、注意する必要がある。)

簡易貫入試験の結果の整理(JGS1433より抜粋)

100mmごとの打撃回数Nd値と貫入長さの関係を整理する。

地盤が軟弱な場合、1回の打撃または何回目かの打撃で100mm以上貫入する場合がある。その場合には、打撃回数Nに対応した貫入量⊿h(mm)により、Nd値を次式から求める。

  Nd=100×(N/⊿h)

自重沈下があった場合、その貫入長を記録する。なお自重沈下の場合はNd=0とする。

調査箇所の土質の種類や硬軟等から換算N値を算出する。

簡易貫入試験の結果

関連業務のご紹介

PAGE TOP

ページの先頭へ