株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

各種物理探査

概要

弾性波探査、高密度表面波探査、弾性波トモグラフィ、電気探査等により地盤調査を行います。

適用

弾性波探査による地盤のP波速度構造の推定
表面波探査による地盤のS波速度構造の推定
電気探査による地盤の比抵抗構造の推定

探査手法紹介

弾性波探査 屈折法と反射法とがあり、地表付近での発破等によって人工的に弾性波(実体波としてP波・S波)を発生・伝播させ、地下の速度や密度の異なる地層境界面で屈折・反射して戻ってきた波を地表に設置した計測装置で観測し、その到達時間とその他の情報を用いて地下の速度構造を求める探査法です。
高密度表面波探査 多層構造の地表面を伝わる表面波(レイリー波)は、その波長(周波数)によって伝播速度が変化します。通常、地盤は深度とともに弾性波速度が増加するため、表面波の短い波長、すなわち浅い深度では伝播速度が遅く、波長が長くなる(深度が深くなる)にしたがい伝播速度が速くなります。波長(周波数)による伝播速度の違い(分散性)を逆解析する事により、不均質な地盤のS波速度構造を求めます。 多数の受振器を用いてS波速度構造を連続した断面として表現します。
弾性波トモグラフィ 医学分野で用いられているX線CTの手法を地盤・岩盤の弾性波探査(特にボーリング孔―孔間、地表―ボーリング孔間、調査横坑―坑間)に応用し、より詳細な弾性波速度分布断面を求める探査法です。調査対象領域を取り囲むように計測を行い、対象領域を通過してきた弾性波の初動走時の情報を用いて、領域内の速度分布を逆解析(インバージョン)手法により求めるものです。
電気探査 地盤の電気的性質を比抵抗法で計測する事により、地盤状況を把握する手法です。比抵抗法とは、地表に設置した一対の電流電極から電流(I)を流し、別の一対の電位電極間の電位差(V)を計測する事によって、各電極の位置或いは間隔における見掛比抵抗値(ρa)を求め、その値の解析から地下の比抵抗構造を推定する方法をいいます。岩石や地層の比抵抗はその構成鉱物の種類、乾湿の状態、風化・変質の状態、温度等によって支配されます。

探査成果例

高密度表面波探査による地盤のS波速度構造の成果例です。

トンネル切羽を起振点、地表を受振点とした弾性波トモグラフィの成果例です。

電気探査による地盤の比抵抗構造の成果例です。

関連業務のご紹介

PAGE TOP

ページの先頭へ