株式会社ダイム
Dynamic Investigation & Measurement Enterprise

技術紹介

各種物理検層

概要

速度検層、磁気検層、ボアホールレーダ探査、ボアホールカメラ等による各種検層により地盤調査や杭の根入れ調査を行います。

適用

速度検層による地盤調査、磁気検層やボアホールレーダ探査による杭の根入れ調査、ボアホールカメラによる孔内観察

手法紹介

速度検層

ダウンホールPS検層 (板叩き法)は、地表面を起振した時に生じる波動(P波・S波)をボーリング孔内任意の深度に設置した受振器(上下方向1成分,水平方向2成分)で観測します。その波の伝播時間と伝播距離の関係から、弾性波速度(P波速度・S波速度)値を算出して地盤の速度分布を調べます。サスペンションPS検層は、孔内の受振器を孔壁に圧着することなく吊り下げた状態で孔軸方向に伝搬するP波・S波を計測します。ゾンデに内蔵された電磁ハンマーが孔軸に対して直交方向に振動板を打撃し、孔内水を介して孔壁に間接的に振動を与える起振方法です。

ボアホールレーダ

地中レーダ探査のアンテナをボーリング孔内用に改良したもので、ゾンデを挿入して電磁波を放射し、杭などからの反射波を計測する事により根入れ深度などを二次元の断面図で表す事の出来る探査法です。計測対象物は鋼矢板、鋼管杭、PC杭、場所打ち杭などに有効です。松杭の場合は地盤状況により可能です。

磁気検層

地中の強磁性体は地球磁場により磁化しており、このため周囲に磁場の乱れを生じさせます。磁気検層はこの磁場の乱れ(磁気異常)を計測して地中の強磁性体の分布を推定する方法です。ゾンデには上部と下部の二箇所に磁気検知コイルが内蔵されており、内蔵コイルが検知した磁気強度変化を電気信号に変換して計測器本体に記録しています。波形のピーク値などから杭の根入れ深度等を把握する事が出来ます。

ボアホールカメラ

センタライザー付プローブに小型CCDカメラが内蔵されており、ボーリング孔壁の状況を連続撮影します。ボーリング孔内に現れた節理や亀裂等の不連続面をコンピュータ上で360°展開画像として表示し、任意のサインカーブをフィッティングさせることで走向・傾斜を読み取ります。これらの不連続面は層理面、亀裂,破砕帯などに分類し、亀裂についてはその開口度合いによってもさらに細分類できます。分類ごとにシュミットネットに表示し、それぞれの卓越傾斜方向、角度を抽出します。

関連業務のご紹介

PAGE TOP

ページの先頭へ