トンネル点検・調査​

トンネルの点検や調査は、ダイムにお任せください

点検・調査概要

全国に存在する約1万本のトンネルは平成24年に起きた笹子トンネル天井板落下事故を踏まえ、国が定める統一的な基準により5年に1度、近接目視による全数監視を実施することとなりました。
弊社はこれに基づく初期点検から定期点検、また、詳細調査の現場作業からデータの取りまとめまで一貫してご対応いたします。

点検・調査手法

  • トンネル点検車による覆工、路面および附属物の近接目視点検、打音検査(第三者被害の観点から叩き落とし)
  • 地中レーダ探査および削孔観察による覆工背面空洞調査
  • 覆工コンクリート材料試験から、配筋調査、超音波によるひび割れ深さ測定等

トンネル点検・調査での調査例

トンネル点検調査イメージ1

高所作業車での目視点検・調査

道路トンネルは主に高所作業車で近接目視点検・調査を行います。弊社には高所作業車技能講習取得者が多数おります。

トンネル点検調査イメージ2

コア採取による詳細調査

覆工コンクリートのコアを採取し、コア試験を行います。

トンネル点検調査イメージ3

電磁波レーダによる覆工内部調査

覆工コンクリート背面に存在する空洞を探査し、おおよその空洞容量を推定します。

トンネル点検・調査での成果例

※画像はイメージです。画像をクリックで拡大できます。

道路トンネル点検要領の様式作成

平成26年に改定された国土国交省の『道路トンネル定期点検要領』の様式に沿って成果品を作成します。

※画像はイメージです。画像をクリックで拡大できます。

変状展開図、レーダ解析、空洞コンター図等

変状展開図に空洞調査の結果を組み合わせるなど、視覚的にもわかりやすい成果品を作成します。